Q値=1.0を切る 『高断熱・高気密のフラッグシップモデル』 となります。 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMSサイト管理画面

トップページ > 新着情報   > お知らせ > 高断熱・高気密仕様のQ1(キューイチ)モデルが出来ました。

お知らせ

高断熱・高気密仕様のQ1(キューイチ)モデルが出来ました。

Q値=1.0を切る 『高断熱・高気密のフラッグシップモデル』 となります。

高断熱について

~数値が小さい方が性能が高いです。~  
・Q=2.7、UA=0.87:次世代省エネ基準レベル
・Q=2.0、UA=0.60:ZEHの4地域以西レベル
(※4地域…
宮城県、山形県、福島県、栃木県、新潟県、長野県) 
・Q=1.9、UA=0.56:次世代省エネ基準の東北レベル
・Q=1.6、UA=0.46:次世代省エネ基準の北海道レベル
・Q=1.4、UA=0.4前後:カナダのR-2000住宅レベル、ZEHの北海道レベル
・Q=1.0、UA=0.35前後:次世代省エネ基準の4地域の1/3~1/4以下レベル
・Q=0.7、UA=0.3前後:パッシブハウスレベル


【熱損失係数】Q値(W/㎡・K)=建物から逃げる熱量(W/K)÷床面積(㎡)
【外皮平均熱貫流率】UA値(W/㎡・K)=建物から逃げる熱量(W/K)÷外皮面積(㎡)


今まで建築させて頂いたお宅は、次世代省エネ基準の東北レベル ~『ZEH』の4地域以西レベル くらいになります。 (もっと性能の高いお宅もありますが…。)

コスト増に悩む所ですが…最近のお客様のご要望や世の中の流れ、その他いろんな本を読んで、今後は Q=1.4(暖房エネルギー消費量がQ=1.6の2/3程度) ~ Q=1.0(暖房エネルギー消費量がQ=1.6の1/2程度) を基準に家造りをして行こうと考えています。 ということで…Q=1.0の Q1(キューイチ)モデル を創りました! 

詳細はあまり書けませんが…
・外壁…外断熱工法は経年変化を考えると難有りでお勧め出来ないので、充填断熱+付加断熱
(※外壁材をビスだけで保っている構造に不安がある。 地震が来たらずれ落ちる可能性大。
付加断熱で良いモノがないかずっと探していて、良いモノに出会えました。)
・天井…ダブル断熱 
・床…基礎断熱はお勧め出来ないので、床下断熱
(※基礎の床下空間を室内空間とすることにどうしても抵抗がある。 コンクリートの粉塵も…。)
・サッシ…樹脂サッシ + ガス入りトリプルガラス
・換気扇…ダクト方式ではない熱交換型換気扇  
(※ダクトはカビが生えたら掃除出来ない…。 というより、そもそもメンテナンスが出来ない構造。)
にて計画しています。

計算上ではクリア出来そうな数値でしたので、現在の仕様と比較してコストアップがどれくらいなのか積算中です。 

【参考】
単位換算テーブル
電気料金計算


■高気密について

~値が小さいほど隙間が少なく、気密性が高いです。~

平成11年次世代省エネ基準における気密性能基準 (※単位:c㎡/㎡)
※現在は基準値としては明記されなくなりましたが、平成14年までは地域ごとに、以下の最低基準が定義されておりました。

・区分1…北海道:2
・区分2…青森県・岩手県・秋田県:2
・区分3…宮城県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・ 富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・滋賀県:5
・区分4…埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・愛知県・三重県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県:5
・区分5…宮崎県・鹿児島県:5
・区分6…沖縄県:5


外国では…
・C=0.9c㎡/㎡:カナダR2000
・C=0.6~0.7c㎡/㎡以下:スウェーデン基準

【隙間相当面積】C値(c㎡/㎡)=隙間面積(c㎡)÷床面積(㎡)

今後は、スウェーデン基準~カナダR2000 を基準に家造りをして行こうと考えています。


~~~~~
・長期優良住宅
・耐震等級3
・ZEH
・BELS
・住宅性能評価
・制震装置等

等についても対応します。


建築事例フォト


お問い合わせ

TELTEL053-571-5227
FAXFAX053-474-4690
近建築設計室
営業時間:8:00-18:00 (※ご相談があれば時間外も対応可能です)
定休日:日曜日・祝日 (※ご相談があれば日曜日・祝日も対応可能です)
住所:
静岡県浜松市中区富塚町2259-10
詳細はこちら