近建築設計室は浜松市を拠点に住宅・店舗の設計・施工監修をしている建築設計事務所です。 建築を通して  

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMSサイト管理画面

トップページ > 仕事の進め方 > CMとは? > 一括請負とCM手法の違い

CMとは?

一括請負とCM手法の違い
一括請負方式
設計から施工まで工務店や大手ハウスメーカーなどが行う方式

【利点】
① 元請会社に一括発注のため、責任の所在がわかり易い。

【欠点】
① 元請会社が設計から工事管理まで一括して行うため、第三者による監理が出来ない。
② 元請会社から、下請け・孫請けと工事が流れるため多重に利益が乗る。
③ 一括請負のため、建築資金の使われ方が不透明となります。
④ 現場管理の監督は居ますが、綺麗に仕上る事には力を注ぎますが、あくまでも会社の利益を守る事が第一目的です。

CM方式(ピュアCM手法) 
建築家が委託契約により建築主と共に、設計・見積・業者選定・施工監理までを行う方式

【利点】
① 建築主が工事を行う各種専門工事会社と直接打ち合わせや発注ができるので、要望が反映され易い。
② 建築に掛かる費用が各工事ごとに明確になり、全体予算の配分を自分でコントロールできる。
③ 使用部材が流通の壁を越えて、何処からでも仕入れることができる。
④ 各種専門業者が直接建築主と契約できるため、その職能を十二分に発揮できる。
⑤ 建築主が専門知識が無くても、建築家が適時アドバイス。

【欠点】
① 設計の打ち合わせや見積の検討、複数の専門工事会社との請負契約、各社への支払い等作業が多くなる。
② 責任の所在を明確にしておく必要がある。

建築事例フォト


お問い合わせ

TELTEL053-571-5227
FAXFAX053-474-4690
近建築設計室
営業時間:8:00-18:00 (※ご相談があれば時間外も対応可能です)
定休日:日曜日・祝日 (※ご相談があれば日曜日・祝日も対応可能です)
住所:
静岡県浜松市中区富塚町2259-10
詳細はこちら